出演/制作のお問い合わせ

thisismomoko@gmail.com

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon

リリース記念パーティー♪セットリスト

 

5月29日にサラヴァ東京で行った私のシングルのリリースパーティー「甘くて苦い人生の味を歌おう!」

おかげさまで、ステキな夜になり、無事に終了しました!

 

わざわざ会場に足を運んでくださった方、ありがとうございました。本当にホントに嬉しいです。会場でお見かけした時の笑顔に、胸が熱くなりましたよ。このことは一生忘れませんよ(笑)

 

そして会場には来られなかったけれど、ご協力、応援してくださっていた皆さんも、どうもありがとうございました。

 

 

 

忘れないうちに、この日のセットリストを書いておきます。

 

 

第1部:モモコモーションピアノ弾き語り

 

1.おばけのポスト

2.スプレーボトル

3.幽霊バタフライ

4.スーツケース

5.SAKURASAKU

6.Runway

7.すっぱい葡萄

8.High

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2部:松本哲平によるピアノ カヴァー曲タイム

 

9. UFO

10. ムーンライト伝説

11. モモコモーションのワンノートサンバ

12. モモコモーションのディサフィナード エラ VS シナトラ

13. モモコモーションのタイムアフタータイム

 

ーインターミッションー

 

第3部:スペシャルゲストタイム

 

ソワレ

1. バラ色の人生

2. アデュー

3. アマポーラ

 

トースティー(a.k.a. バゲットバルドー)

1.くちびるからよだれ

 

第4部:松本哲平によるピアノとモモコモーションのシングル2曲

 

14. すっぱい葡萄(Sweet Mix バージョン)

15. フェイクフード(ダンサー:KILLKILLS <momo & noemi> )

 

 

 

たっぷり2時間くらいは演奏していましたが、あっというまに終わりました。

お客さんの中には、とっても楽しかった、と言ってくれる人もいて、うれしかったです!

第2部のカヴァー曲の一部には「モモコモーションの」と、わざとらしくつけてみました。これは私が勝手に日本語に訳して歌っている曲のシリーズだから。「エノケンのダイナ」みたいな気分で。

 

ショーが終わってから、、、女子からは「High」とか「タイムアフタータイム」、「すっぱい葡萄」が評判良かったです。スローテンポでエモーショナルな曲ばかり、、、、! この感じ、女子にとって胸キュンなポイントなのでしょうか? それとも、サラヴァ東京の雰囲気にあっていたのかもしれませんね。

 

今回のライブの裏テーマは「シャンソン」だったのですよ。女の悲しみとか、人生について朗々と歌い上げるあのシャンソン。フランスの歌だけど、日本独特のカルチャーとして存在しています。ここになんとなく心惹かれるものがあり、なぜか、自分にもそういうルーツのようなものも感じるし。少しだけ近寄ってみたかったのでした。

 

シャンソン歌手のソワレさんはステージで越路吹雪さんの、いつもよくブリジッドバルドーを歌っているトースティーちゃんは、戸川昌子さんの素晴らしさについてお話していました。私にとってシャンソンといえば、以前から、岩谷時子さんの訳詩の素晴らしさに、すごく憧れを抱いています。日本語の訳が完全にオリジナルなものになっている。すごく素直で、生き生きして、知的で、丁寧なところが好きです。こんなチャーミングな詞がかける人は、きっともういないのではと思わされます。

 

岩谷時子さんが訳詞をしていた時代。外国の文化に対して、きっと今よりもっと強い憧れがあったのか。それとも、日本の言葉や文化に誇りを持っていたのか。たぶん両方なのでしょうね。

 

 

 

 

 

今回のライブの反省点

 

基本的にバンドメンバーは、私ひとりなので。ここで反省会とかしちゃおうと思います。

 

今回はね、開演をあと30分早くして、第2部のあとの休憩時間をもう少し長くすれば良かった!

そしたら、みんなもう少しゆっくりお酒とご飯が楽しめたのでは、、、、と反省しています。

 

それから、今回はシャンソンがテーマだったから、なかったんだけど、

本当はギターを弾く曲も入れたかったの!

ちょっとロックな曲を入れたいな。次の課題です。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

アーカイヴ